和三盆金平糖 ふりだし

和三盆金平糖 ふりだし

手のひらにすっぽりとおさまりそうな、ひさごの器。
振れば小粒の金平糖が一粒、二粒、ころころ出てきます。
中で聞こえる音も、振り出す人のしぐさも、のどかです。
末広がりの形と、蔓が伸び実が鈴なりになることから家運興隆、
子孫繁栄の象徴として古来より縁起がよいとされる「瓢箪」を模ったふりだしに、
阿波の和三盆をじっくりと煮詰めて作った小粒の金平糖を入れました。
陶器は再び小粒なお菓子を入れてお使いいただくほか、一輪挿しとしてもご使用いただけます。

パソコン表示スマートフォン表示

Top