和煮なごみに2種 ほうじ茶詰め合わせ

「和煮」は、海の幸、山の幸に、丹精して火を入れ、風味を添えて、常においしく食せるようにと仕上げた京の炊きもの。 その時々の妙味、懐かしい和の香る品々は日本のお酒やお米によく合い、味わう人の気持ちをそっと和ませます。
和煮2種と和久傳特製のほうじ茶「狐伯(こはく)」の詰め合わせです。

商品内容

  • ちりめん山椒

    ちりめん山椒

    塩の香りを秘めた細かなちりめんと爽やかな風味の山椒をふんわり上品に炊きあげ、ほどよく乾燥させた昔ながらの京の味です。

  • 鯛味噌茶漬け

    鯛味噌茶漬け

    天然鯛の身を赤味噌で煮含め、こくと旨みを極めました。ご飯と合わせれば、贅沢な一碗のできあがり。

  • ほうじ茶 狐伯

    ほうじ茶 狐伯

    原料の初番茶を、土質すぐれた宇治の煎茶畑に求め、砂を温めて、茶葉の中心から丁寧に焙じました。

季節特集

  • 水無月のおもたせ -梅雨見舞い-
  • 山椒を楽しむ
  • 和久傳のお中元 夏のおもたせ二〇一八
  • 初夏の香り
  • 和久傳のちりめん
  • 和久傳のお米
パソコン表示スマートフォン表示

Top