桑兪十六号

和久傳が年2回発行している冊子です。
文学、経済、科学、芸能など各界から毎号お一人ずつご執筆いただいて、それぞれが自由題。
ページを開いてどこからでもお好きに読んでいただけます。

特装本は、新潟の門出(かどで)和紙を手漉きしていただき、毎号美しい天然染めをほどこした表紙のフランス装丁です。
古来の和の手触りと色をお楽しみいただけたら幸いです。

<目次>
神に愛でられた人   河合 雅雄
菓子屋に生まれて   山口 富藏
見渡せば愛がいっぱい   佐藤 しのぶ
甘酒と茅台酒で夏を詠む   尾池 和夫
至福の時間   河瀬 直美
「宥座之器」を見た   猪木 武徳
もてなしの空間と「引き算」の文化   池 修
小さな改修   アレックス・カー
入院生活   中江 有里
命の姿(十六)-象牙石-   宮本 輝

季節特集

  • 水無月のおもたせ -梅雨見舞い-
  • 山椒を楽しむ
  • 和久傳のお中元 夏のおもたせ二〇一八
  • 初夏の香り
  • 和久傳のちりめん
  • 和久傳のお米
パソコン表示スマートフォン表示

Top